自転車の取り締まり強化

女の人

改正道路交通法の施行

自動車保険の知識だけではなく、改正法についても知っておきましょう。近年、自転車に乗りながらイヤフォンで音楽を聞いていて、クラクションやベルの音に気づかず事故になるケースや、スマートフォンを見ながら前方不注意で事故になるケースなど、さまざまなケースで事故が増加し、かつ悪質な違反行為の急増という現状があり、道路交通法一部改正により、2015年6月1日から自転車の取り締まりが強化されました。今回の法改正により、自転車の交通違反の罰則が厳しくなります。自転車に乗っていて危険なルール違反を続けると自転車運転者講習を受講することになります。では、その危険なルール違反の行為は、信号を無視する、電車が通過する際の踏切が遮断している時に立ち入ったり、止まらなければならない場所で止まらず一時不停止したり、歩道通行時の通行方法の違反をしたり、ブレーキが壊れているなどの整備不良の自転車を乗ったり、酒酔い運転やその他の危険行為が危険行為となります。

自転車運転者講習制度の流れ

自転車に乗って危険なルール違反を3年以内に2回以上繰り返し続けた場合、都道府県公安委員会が自転車運転者講習の受講を命じて、各都道府県の警察本部や運転免許センターで3時間の講習と講習手数料5,700円が徴収されます。もしも受講の命令に反した場合は、5万円以下の罰金となります。それを踏まえると自転車保険は欠かせない存在です。