加入する

標識

自転車の保険

自転車保険の必要性が高まってきています。近年、自転車による事故が急増していますが、事故の相手が車の事故だけではなく、自転車で人をひいたり、怪我をおわせる人身事故も増加していて、事故の被害者が重度の怪我で障害が残ってしまったり、最悪の事態として事故の被害者が命を落としてしまい、高額な損害賠償を命じる判決も相次いでいます。そういった事態に備えて、自転車保険に加入する人も増えていき、状況を踏まえて保険の内容を拡充していく各保険会社も目立ってきています。自動車やバイクには、自賠責保険の加入が義務付けられていますが、自転車は基本的に保険の加入を義務付けられていません。大事に至る前に予め任意保険に加入しておかないと、高額な損害賠償金を負担することになり経済的にも精神的にも大変厳しくなってしまいます。想定できる最悪の事態に備えて、自転車保険への加入は大切です。

自転車事故に備えて

さて、自転車事故に対しての自転車保険の一般的な補償内容はどういったものがあるのかご説明します。自転車事故によって、相手に怪我をさせてしまった場合や他人の物などを壊してしまった場合の補償や、自転車事故によって、本人が怪我をして病院に入院や通院が必要になった場合の補償や、自転車事故によって、本人が死亡に至ったもしくは怪我により後遺障害が残った場合の補償や、自転車が盗まれた場合の補償などがあります。